プロフィール

tuttihouse

Author:tuttihouse
ミニチュア・シュナウザーの「トルテ」です。ブラック&シルバーの女の子(♀)です。2007年10月20日、千葉県・木更津市生まれ(らしい)。よろしく!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日も暑かったですが、今日も暑そうですね。暑さに弱い花がバタバタと倒れています…。ワールドカップが中休みになったので、久しぶりにたっぷりと睡眠がとれました。
さて、現在の入り口花壇の様子です。ピンクのサフィニアブーケ、オレンジのフライングカラー、イエローのリトルチュチュ、ブルーとラベンダーのアズーロコンパクト…って、目立つ花は全部サントリーフラワーズの花になってしまいました。うーん、回し者!?
パンジーが終わってどうなるかと思いましたが、意外とカラフルになってひと安心です。
花壇0629


もうすぐ朝顔とゴーヤが咲きそうです。咲いたら報告しますです。
スポンサーサイト
オレンジ色の花が満開のフライングカラーです。アプリコット色かな?
これもまたサントリーフラワーズの花です。先月買ったものですが、ぐんぐん伸びて立派に咲いています。これで2株です。

サントリーのHPによると、「ヒラヒラ舞う蝶のような小花がふんわり。秋に植えると株がグンと生長、早春たくさんの花穂があふれます」って…秋植の花だったんですね。ま、3~10月が開花時期なので今も元気な状況です。
真夏には花が休むそうなので、花の時期もあとわずかかもしれません。いい色です。
フライングカラー

花びらのない黄色いボタンに見える花、サントリナです。
なんでも枝に防虫効果があるそうなので、このちょっと首が長い不思議な姿と黄色い花に惹かれて買いました。
和名はワタスギギク、通称コットンラベンダーというらしいですが、ラベンダーとは別品種です。キクなんでしょうね。
こうやって写真でみると、花びらをとったデイジーみたいですね。ものすごく首が長いです。
がんばれ防虫!
サントリナ

続きを読む »

ちょっと閑話休題。
今週末は時間があったので、この前できた千葉ニュータウンのイオンに行ってきました。ピンクのクマに出会いました。そこでのひとコマです。モモは頑張って働いてました。
モモ


さらに先行上映の「ミッションインポッシブル3」(MI3)を見てきました。アクションはすごいんだけど、あんなにドンパチ映画でしたっけ?うーん。。。IMF=インポッシブル・ミッション・フォースって……。うーん、うーん。
5月から11月にかけて小さい花がまとまって半球状に咲いてくれる夏に強い花、ランタナです。うちのは黄色で、今年はとくに元気に咲いています。
熱帯アメリカ、アフリカ原産なので暑さに強く、関東だと普通に冬を越してくれます。これももう何年も我が家にいます。
黄色好きにとっては、この季節の黄色い花はとても嬉しいです。オススメですね。
ランタナ

またまたサントリーフラワーズの花です。ほんと、うちはサントリー好きですねぇ。
小さな花がたくさんたくさん咲く予定の「キャンディボックス」です。まだまだ小さいですが、結構、花つきがいいです。

サントリーのHPによると、「夏に強く、秋までたくさんの花を咲かせます。花がらを摘む必要がないので、お手入れも簡単です」とのこと。早くHPの写真のように立派になって欲しいものです。

ところで、我が家の「アズーロコンパクト」が枯れ始めてきました…。詳細はまた別途報告しますが、原因不明で困っています。

キャンディボックス

続きを読む »

久しぶりの更新です。W杯ばっか見ていてすみません。

少し忙しくて庭に目を向ける余裕がなかったのですが、存在感たっぷりの、真っ赤なサンパラソルが咲き始めていました。
夏にぴったりの鮮やかな赤。ひと足早く夏を運んできてくれました。これもまたサントリーフラワーズです。小輪タイプのレッドミニという色ですがそれでも8cmも大きさがあります。
つる性なので、あんどん仕立てにしています。ぐんぐん育っています。病気や虫に強い丈夫な花(サントリー談)らしいので、もっと買っておけばよかったです。

サンパラソル

ローズといっても八重咲きインパチェンスのカリフォルニアローズです。写真で見るとますますバラっぽいですね。
夏の花として知られるインパチェンスですが、アフリカホウセンカの和名の通り、東・南アフリカが原産だそうです。丈夫で日陰でも育ちます。バラがなくなってきた今頃から花をたくさん咲かせてくれるので、庭のアクセントとして大活躍してくれることでしょう。オススメです。
カリフォルニアローズ

花の大きさは4cmくらい。バラっぽいでしょ

続きを読む »

クマツヅラ科の美女桜ことバーベナです。
桜のような小さな花が丸く密集して咲いています。春~夏~秋まで咲いてくれるのでこの季節には重宝します。
一度、全部花が落ちたのですが、ここ2週間ぐらいでまた花がついて満開になりました。元気です。一株100円とかだったので、もっと買っておけばよかったと後悔しています。

バーベナ

金平糖のようなピンクのかわいい球状の花をたくさん咲かせているのがポリゴナム(和名:ヒメツルソバ)です。
ほふく性なのでカーペット状に広がりますのでグランドカバーに最適です。ヒマラヤ原産らしく、とても丈夫な植物なので寒冷地でなければ冬でも元気です。とても重宝する花です。

ポリゴナム

プチ収穫祭と化している今日この頃です。
さてさて、雄花がなかなか咲いてくれなくて困っていたズッキーニですが、ようやく立派なのが1つ成長してくれました。
ということで、さっそく収穫&調理しました。
ズッキーニ

約16cm!おしいそうです。

このズッキーニ、その後も毎日開花しているのですが…、相変わらず雄花が咲いてくれなくてなかなか結実しません。「ズッキーニの花粉」とか売っていたら、迷わず買いたい気分です。

↓続きは調理!

続きを読む »

数日前の話になりますが…、密かに(!?)育てていたワイルドストロベリーを収穫しました。
同じ株でもおいしい実もあれば、そうでない実もあります。
でもこうやって写真に収めると、どれもおいしそうに見えますね。
少しずつおやつに食べています。

ワイルドストロベリー


思ったよりちゃんと出来ました。

続きを読む »

ピーマンの花です。白くて少しかわいい。
これからグングン大きくなってくれれば、もっとかわいい。

これはジャンボピーマンのオレンジです。=パプリカだと思うんですけど、違うんでしょうか?花は一杯ついていますが、ちゃんと実がなるかどうか…これから梅雨なので心配です。
ピーマンの花

ブルーベリーの傍に植えていたクランベリーが花を咲かせていました。まだまだ背が低いので気が付きませんでした。
こんな花が咲くんですね。今年はじめて育てているので興味津々です。
クランベリー

鶴(Crane)っぽい?

↓以下は、説明です。

続きを読む »

サントリーフラワーズが品種改良したカンパニュラ、「ケントベル」が花を咲かせています。
ニョキニョキと背を伸ばし、立派な釣り鐘型の紫色の花をたくさんつけています。宿根草なので、毎年、春になると芽がでて花が咲きます。丈夫です。
ケントベル

サントリーによると、「英国の庭園」と呼ばれるケント州で生まれた優雅な品種だそうです。
サントリーフラワーズの大輪アサリナ、グラリオ(ゴマノハグサ科アサリナ属)が開花しました。
アイビーみたいな、つる性の葉に、きれいなピンクの花です。
つるはグイグイと伸びるらしく、2mにも達し、夏に強いらしく、10月まで花が咲くそうです。今年、初めて買いましたが、◎です。

ちなみに、サントリーさんの説明は、↓。グラリオ

続きを読む »

銀白色やクリーム色のきれいな模様の葉が人気のラミウム(シソ科オドリコソウ属)ですが、この季節はかわいらしい花を咲かせてくれます。
バコパと寄せ植えしてハンギングにしているのですが、薄い紫色の花が咲きました。
多年草で寒さにも強いので、比較的越冬しやすく、花は6月頃から夏まで咲くようです。
葉が楽しめるだけじゃなく、花も楽しめるなんて倍の楽しみができてお得です。
ラミウム

↓寄せ植えの様子は、

続きを読む »

アルストロメリアが開花しました。
南米原産のユリ科アルストロメリア属の多年草。何もしなくても毎年、花を咲かせてくれます。
和名は「百合水仙」、英語名は「インカのユリ」。
昨日、花屋さんを覗いたら、切花としてたくさん売っていました。花持ちが抜群にいいので、切花としても、鉢植えとしても重宝します。
ちなみに、花言葉も「持続」!
アルストロメリア

野菜の話が続きます。
ひそかに育てていたジャガイモが、花をつける前から枯れ始めてしまいました。なんだか病気っぽいので、天気がいい今日、おしまいにしました。
ということで、プチ芋掘りです。プランターの土の中に手を入れてジャガイモを探しました。成果はご覧のとおりです。
結構とれるものですね。ちゃんと育てれば、もう少し大きいのがたくさんできたことでしょう。

ジャガイモ

さっそくふかして食べました。新ジャガ!とっても甘くてホクホクしていておいしかったです。小さくても食べられますよ。

続きを読む »

雌花ばかりが咲いて、雄花が咲かずに受粉しなかったズッキーニでしたが、先日、ようやく雄花が咲きはじめました。
さっそく、花粉を綿棒でとって雌花に受粉しました。
手前の実がたぶん受粉して大きくなりそうな実です。
その奥のは、受粉せずに大きくならない実…。
最近の悩みは雄花ばっかり咲いていることです…。
ズッキーニ

どれくらいで収穫すればいいんでしょう?

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。