プロフィール

tuttihouse

Author:tuttihouse
ミニチュア・シュナウザーの「トルテ」です。ブラック&シルバーの女の子(♀)です。2007年10月20日、千葉県・木更津市生まれ(らしい)。よろしく!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメジストセージ(シソ科サルビア属)も満開です。青紫色の綿に包まれたような花です。背丈は1mぐらいはあるでしょうか。他の花よりも圧倒的に背が高いので、花壇の中でひと際目立っています。
宿根草で寒さ暑さ病害虫にも強いらしく、毎年、手もかからずに花を咲かせてくれます。セージ類は、花期も長いので、とてもいい花です。
アメジストセージ

スポンサーサイト
11月30日~12月3日まで長野で行われる国際スケート連盟公認グランプリシリーズ2006/2007「2006NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」(http://www.skatingjapan.jp/nhk_j/)のチケット発売が近づいてきました。ので、メモ代わりにここに書き記します。

男子シングルは、世界王者のランビエール(スイス)、日本からは高橋 大輔、織田信成、小塚崇彦らが出場。女子シングルは、コストナー(イタリア)、日本からは村主 章枝、中野 友加里、浅田真央らが出場します。
わが家は、今季で引退するらしい申雪(シュウ・シェン)&趙宏博(ホンボー・ツァオ)組を応援しにペアを見に行く予定です。
エキシビションも観にいきたいところですが、場所が長野なので、12月1日(金)のペア(フリー)競技だけで我慢します。また値段が上がりました。たしか一昨年は金曜日だとアリーナSSでも6000円だったはず…。

また、前回の仙台に引き続き、車で行こうと思っているのですが、この時期はまだ雪とか降らないですよね?誰か教えてください。降ったらいやだなぁ。

↓以下、開催概要メモ

続きを読む »

ナスタチウム(キンレンカ)が無事、夏を越してまた元気になって花を咲かせてくれました。
ナスタチウムは春はほっておいてもどんどん大きくなるのですが、高温多湿を嫌うため、日本の夏が苦手のようでなかなか夏越しができません。今年は、ハンギングにして、真夏は日陰(木陰)に置き、切り戻したのが功を奏したみたいです。
ナスタチウムは、花も葉も食べられます。ピリッとしたわさび風味でサラダのアクセントなどにぴったりです。
ナスタチウム

ナスタチウム

花穂の形が虎の尾に似ているので「トラノオ」と名前についている「ハナトラノオ」(シソ科ハナトラノオ属)です。耐寒性宿根草なので、ほっておいてもグイグイ伸びて毎年、花が咲きます。なんでも野生化しているのもあるそうな…。
花は淡紫色、淡桃色が一般的だそうですが、白色もあるそうです。

虎の尻尾なんてちゃんと見たことがありませんが、きっと似ていないと思います。というか、日本に虎っていないんですよね。謎です。
何はともあれ、わが家のハナトラノオくん達は、すくすく元気に満開になっています。
ハナトラノオ

ハナトラノオ

またまたご無沙汰してしまいました。
昨年の秋に購入して放置状態となっていたサントリーフラワーズの「ロミオのキッス」(コマノハグサ科キンギョソウ属)がまた咲き始めました。(http://www.suntory.co.jp/flower/fall/romeo.html
草丈も25~30cm程度で、小さくて花つきの良いキンギョソウって感じです。
開花時期は3~5月、10~12月です。ほんとは、上に伸びる姿が優雅でいいんですけが、ハンギングにしていたら、勝手に枝垂れてしまいました…。うーん。
ロミオのキッス


ロミオのキッス

仙台と言えば、名菓「萩の月」にもあるように、萩(はぎ)が有名ですね。
うちにも萩があります。秋になってちょうど見頃になっています。葉が丸い「だるま萩」という品種です。
鉢植えでも充分に育っています。きれいですね。
萩


萩

しつこく仙台の話題ですが、今回は私的メモですので、流し読みしてください。

今回のアイスショーは、仙台にある宮城県総合運動公園「グランディ・21」(http://www.mspf.jp/grande21/)にある総合体育館で行われました。宮城スタジアムのある場所です。会場には仙台駅から特別バスが運行(片道1250円)されていましたが、仙台駅前のホテルから車で行きました。
<往路>
9月15日(金)19時開演なので、17時に駅前のロイネットホテルを出発しました。45号から8号利府街道に入って会場を目指します。平日夕方なので少し道路は混んでいます。8号からは吉野家の交差点を右に曲がるとすぐに会場です。さらに駐車場入り口も混んでいて、駐車場に車を入れたのは18時15分頃。
<復路>
終演後は、駐車場出口は大渋滞。こりゃ出るのに時間がかかるなぁ、と思っていたら。停めていた第7駐車場というところからは、別方向に誘導されました。初めての土地でカーナビもなし…かなり不安です。誘導係りの人に聞いた仙台駅方面に進むと、街頭もまったくない「県民の森」という場所に…。真っ暗な中、冷や汗流しながら、ぐねぐね山道を進むとなんとか平地に。35号とかいう道に出ました。その後はウロウロしてなんとか仙台駅方面へ。スムーズに会場を後にできたのはいいんですが、右も左もわからないのでかなりへこみました。

以上、会場までの道中記です。


今日もまだ仙台話を…。
仙台と言えば「牛タン」(牛舌)!
ということで、行ってきました、食べてきました。老舗「きすけ」(http://www.kisuke.co.jp/)の牛タンです。他の店は知りませんが、おいしいと評判の店らしいです。(たぶん)
「牛たん定食」(¥1500)と「牛たんのやわらか煮」を注文。牛たんは塩で、とても柔らかくてジューシーです。しらがネギがたっぷり入ったテールスープもとってもおいしい。やわらか煮もちょっと濃い目の味付けに上にのった大根おろしがぴったり。箸が進みます。満足満足大満腹。
お土産に、サラミとテールスープを買いました。

牛たん定食。1500円は安いです
牛たん定食。1500円は安いです
牛たん♪牛たん♪
牛たん♪牛たん♪
やわらか煮
やわらか煮。上にのってる丸いのが大根おろし
9月16日(土)の朝7時。今、仙台にいます。昨日、会社を休んで車で5時間をかけてやって来ました。
何しに来たかっていうとフィギュアスケートのアイスショー「チャンピオンズ・オン・アイス(Champions on Ice)2006ジャパンツアー」仙台公演を見に来たんです。ええ。
公演は昨晩みて、今日はこれからお帰りです。

さてさて、この「Champions on Ice」は、オリンピック等のメダリストを中心としたメンバーで構成される北米で開催されているアイスショーです。プロだけでなく、現役選手がメンバーに多く入っているのが特徴です。今回はプルシェンコ(トリノ五輪男子金メダリスト)は欠場でしたが、荒川静香、サーシャ・コーエン、イリーナ・スルツカヤの女子メダリストが勢ぞろいしました。
荒川さんの仙台凱旋ってことで会場は大盛況。本田武史も仙台出身ということで、応援がすごかったです。日本人ではゲストとして中野友加里選手が参加、だいぶ仕上がってきた「SAYURI」(音楽)を魅せてくれました。
想像以上に、年齢層の高い客層でしたが、やはり北国だからスケート人気(認知?)が高いのでしょうか、観客のノリはよかったです。おじいさんも、おばあさんも楽しそうに拍手や手拍子してました。

ジャパンツアーの発表時と、実際の来日メンバーがだいぶ入れ替わったので、かなり心配していましたが、女子メダリスト3人が出場、ランビエールもまたまた来日してスピンしまくり、プログラムの完成度抜群の「パイレーツ・オブ・カリビンアン」のドロビアツコ&バナガス組など、非常にクオリティの高いショーを見せてくれました。

すごく良かった&楽しかったので、少しだけ感想を。(ちょっと偉そうですが)
・荒川さん:2曲+α。最初の「アベマリア」は少し気合が入りすぎたのか、リンクの狭さのせいなのか今ひとつ。でも次の「ユーレイズミーアップ」はスンバらしい出来。さすがです。さらにアンコールで「トゥーランドット」の一部を披露のおまけつき。コンビネーションジャンプも魅せてくれました。
・本田くん:2曲。春に見た時よりずいぶん体を絞っていい感じ。「アランフェス」はいいですね。
・中野さん:「SAYURI」は前回見た時より、小技が散りばめられていて、今シーズンは得点がとれそうな雰囲気。すごくきれいになりましたね。オープニングとエンディングは本田と組んでました。1回だけの参加だけどちゃんと振りを覚えてました。
・ペトレンコ:2曲。今日は体のキレが◎。安心して見てられます。
・ランビエール:2曲。今年は何回目だろ?トリノのシマウマ衣装で「四季」と、回転しまくりの「FIX YOU」。残念ながらFIX YOUのスピンに入るところで、こけて腹ばいになってしまった。導入部だったので、結構、派手にこけたけど、その後、何事もなかったかのようにスピンしまくってたのはさすが。
・コーエン:1曲。「ダークアイズ」が見れて良かったです。今日のお目当てでしたが、演技がかなり抑え目なのが残念。2曲やってほしかったなぁ。
・スルツカヤ:2曲。だいぶ丸くなってました。髪がだいぶ伸びていたので、少し大人になったハイジって感じ。
・ボナリー:元気。バックフリップでは観客がすごいどよめき。
・エレナ&アントン:1曲目はスロージャンプ失敗も、2曲目のチャップリンはとても面白かった。実は今日一番の満足度◎。
・アニシナ&ペーゼラ:アニシナさんはだいぶ痩せました。1曲目でスターウォーズが見れた。殺陣がイマイチだったので、何度も斬られていた(笑)。
・ドロビアツコ&バナガス:今日のお目当てその2。トリノでも大いに沸かせた「パイレーツ・オブ・カリビアン」。殺陣がうまいし、迫力もあってよかったです。名前がコールされた時、観客席がどよめいたのも◎。
・アクロバットのベゼディン&ポーリシュク:今日も爆笑連発。彼らの存在が観客席を和ませた。見てないとわからないと思いますが、スネ当てが、足ひれに変わったのが個人的にヒット。

<Champions on ICE 2006 仙台公演メンバー>
日本人スケーター
【女子シングル】
荒川静香(JPN/2006トリノオリンピック金メダリスト)
中野友加里(JPN/2006四大陸選手権2位)
【男子シングル】
本田武史(2002世界選手権銅メダリスト)

Champions on Ice ツアーメンバー
【男子シングル】
ビクトール・ペトレンコ(UKR/1992アルベールビルオリンピック金メダリスト)
ステファン・ランビエール(SUI/2006世界選手権金メダリスト)

【女子シングル】
サーシャ・コーエン(USA/2006トリノオリンピック銀メダリスト)
イリーナ・スルツカヤ(RUS/2006トリノオリンピック銅メダリスト)
スルヤ・ボナリー(FRA/1995世界選手権銀メダリスト)

【ペア】
エレナ・ベレズナヤ/アントン・シハルリドゼ(RUS/2002ソルトレークオリンピック金メダリスト)

【アイスダンス】
マリナ・アニシナ/グウェンダル・ペーゼラ(FRA/2002ソルトレークオリンピック金メダリスト)
マルガリータ・ドロビアツコ/ポビラス・バナガス(LTU/2006世界選手権4位)

【アクロバット】
ウラジミール・ベゼディン/アレクセイ・ポーリシュク(1999世界プロ選手権1位)

バレリーナの衣装「チュチュ」をイメージしたミニバラ、「チュチュ・オプティマ」です。
花の姿がほんわかとしていて、かわいいですね。実物はもう少しピンクがかっています。写真が映りがいいので紹介します。
うちの庭は、少し涼しくなったので、ミニバラ達が元気に咲き始めました。たくさんあるので、順次紹介していきます。
チュチュ

またまたご無沙汰してしまいました。
少し涼しくなったと思ったら、ガウラが満開です。
ガウラはアカバナ科ガウラ属の宿根草。蝶が舞っているような花なので、白いガウラは「白蝶草(ハクチョウソウ)」と呼ばれます。そしてピンクのガウラは「山桃草(ヤマモモソウ)」と呼ばれます。
うちのこのガウラは、ピンクのスジが入っているちょっと変わり者。白蝶なのか、山桃なのか、どっちでしょう。
ガウラ(アップ)



ガウラ

秋が近づいてきて、バラたちがまた元気になってきていますが、今、一番元気に咲いているのはオキザリスです。最近、ぐっと涼しくなったからでしょうか。ピンクの花をたくさんつけてくれています。
オキザリスは多年草で、繁殖力も強いようです。地植すると、あっという間に広がるので気をつけましょう。

このオキザリスですが、夜になると花がちゃんと閉じて眠りにつきます。起きるのは結構おそいみたいです(笑)。
オキザリス

寝ている!?姿
オキザリス寝

あれだけたくさんあったパンジーですが、やっぱり関東の夏は厳しいらしく毎年、夏には全滅してしまいます。
が、しかし、今年は1つだけ生き残りました。下のわけの分からない写真がそれです。よーく見てみるとパンジーなのです。
ハンギングで木の下に吊るしているので、日中は半日陰ですし、地表から高い場所にあり空気も通りやすかったのが、夏を越した秘訣でしょうか。工夫次第で花を長くさせることができるんですね。
今さらながらに少し反省です。
パンジー夏こえ

色づけすることが難しいカラーピーマンたち。プロでも色づけは難しいそうで、以前、アドバイスによって、色づく前でも充分おいしいので緑色のまま収穫していました。(参照→「カラーピーマン、緑のまま収穫っ!」

実は2色(黄色と赤色)育てていたんですが、黄色の方はなんとか1個色づかせることに成功(参照→「カラーピーマンが黄色になった!!」)したのですが、赤色の方は、実のつき方も今ひとつで色づかせることはできませんでした。

が、じゃじゃーーーん!ようやく1個だけ色づけに成功しました。色づかせるにはかなりの時間を要します。赤くなりはじめてから、2週間以上はかかるみたいです。早く食べた方がおいしそうですね。嬉しかったので報告です。

カラーピーマン(赤)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。