プロフィール

tuttihouse

Author:tuttihouse
ミニチュア・シュナウザーの「トルテ」です。ブラック&シルバーの女の子(♀)です。2007年10月20日、千葉県・木更津市生まれ(らしい)。よろしく!


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルストロメリアが開花しました。
南米原産のユリ科アルストロメリア属の多年草。何もしなくても毎年、花を咲かせてくれます。
和名は「百合水仙」、英語名は「インカのユリ」。
昨日、花屋さんを覗いたら、切花としてたくさん売っていました。花持ちが抜群にいいので、切花としても、鉢植えとしても重宝します。
ちなみに、花言葉も「持続」!
アルストロメリア

スポンサーサイト

コメント

アルストロメリア大好きです。
ちょっと暑くなっても花持ちがいいので
切花をよく買っていました。
花言葉も「持続」だなんて。。
ところで、花言葉って誰がつけたんでしょうね?

売っている切花ってなんであんなに立派なんでしょう?
うちのは背丈わずか30cmぐらいです…。

ちなみに、さも物知りのように書いていますが、
実は下調べしてから書いています。
花言葉は誰がつけたかは知りませんが、これも調べたらありました。
「1600年代にコンスタンチノープル(現在トルコのイスタンブール)で花言葉が付けられたのが最初です。1716年にLady Marry Wortley Montaguによってイギリスに伝えられた。その後フランスで the Book Le Languagedes Fleursという本で800以上の花言葉が発行されてから世界に広まっていったようです」とのこと。
日本では、これに生産者や花屋さんの思惑がからんで、もう何だかすごいことになっているみたいです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tuttihouse.blog64.fc2.com/tb.php/65-2cdbb8c1

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。